情報伝達-判断機能をもった者との関わりあいに使用可能な情報構築パターン

判断機能は世界を情報として扱います。判断機能は個々の情報をその「差」を基に区別し、扱いを変えます。区別されたものがたくさんあればそれだけ扱いを変える必要が出てきますし、区別されたものが少なければそれだけ扱い方のパターンを減らすことができます。なので情報を伝達する際に双方の負荷を減らすことを望むなら、世界を簡潔に認識することによって相対的…

続きを読むread more